服づくりのこだわり これらを実現できる秘密とは? その機械の名前は吊り編み機と言います。
Tシャツやスウェットのニット生地を編む旧式の編み機。「1時間に1メートルしか編めず、1日約7着分のスウェット生地しか生産できない」その生大量生産産効率悪さで、・大量消費という時代の波に飲み込まれてしまい、そのため現在ではほぼ使用されなくなりました。
吊り編み機の特徴は?

生産効率が悪い分、1時間に1メートルと長い時間をかけ

糸や生地に最後まで余計なストレスを
かけずにふっくら編んでくれます。

これで、こだわりの3ポイントが実現できるのです!
こだわりと想い
読みもの
Facebook
Facebook ページTOPへ